注文住宅ではどこまで決める事が出来るのか?

この記事の所要時間: 245

注文住宅ではどこまで決める

注文住宅は、すでに建築されている状態で売られている建売住宅と違い、1から家を作り上げていく方法です。
家造りとしては上位に当たるもので、自分の望む形の家を作る事が出来るという大きな特徴を持っています。
初めて注文住宅を行うという方は分からない事が多いと思います。

基本的な部分ですが、注文住宅でどこまで決める事が出来るのか?という疑問について記載していきたいと思います。

注文住宅でどこまで決める事が出来るの?

注文住宅で家を建てると、建売住宅とは違うものが家の施設として作る事が出来ます。
これは注文住宅だからこそ出来る事で、もし自分の希望するような間取りなど、これだけは譲れないと言った拘りや、性能面を求める人には家造りの方法としては最良と言えるものです。

自由なレイアウト

注文住宅が持つ一番の特徴が、自由なレイアウトを自分で決められる事です。

住宅のどこに、どんな部屋を作るのかを細かく指定出来る他、ロフトなどのデッドスペース活用も可能です。
遊び心を持たせて隠し部屋を作る事も可能で、その家に暮らす人が、その後の人生を過ごしていく上で最も最適だと思うものを全て一つの形として作れます。

住宅の外観も自分で決める事が出来るため、ビルのような家や通常とは違う形の家も作る事も可能となっています。
高さや敷地内に建物を建てられる広さを定めている建ぺい率などは建築基準法の制限がありますが、外観にも拘った家づくりが出来ます。

2世帯住宅も可能で、色々な家に求められる機能を持たせられます。

庭も拘れる

注文住宅は住宅の構造だけではなく、庭の構造も指定出来ます。
駐車場の場所を決めたりテラスなども作れますので、家を建てる敷地を全て有効活用が可能です。

地面も芝を貼る、砂利をひく、コンクリートで固めるなどの方法を選べるため、家の外観に合わせた庭造りが出来ます。

耐震設備が選べる

注文住宅は耐震設備に何を使うかを選択出来ます。
既存の住宅に取り付けるタイプも選択が可能ですが、住宅を建てる時に付けるタイプも選べるので、選択肢が幅広くなります。
変わったタイプの耐震設備も取り入れられるので、安全性の高い家を作れます。

地下室

土地から揃えていく注文住宅ならではものが地下室です。
一般家庭で地下室を持っている所は少ないのですが、これは建売だと後から作る事が出来ない事も影響しています。

地下室は建物を作る前に地面に穴をほって作る必要があるため、住宅を作った後では新たに作れません。
作る方法はありますが、住宅とは違う場所に作らないといけないので利便性に掛けることがあります。

注文住宅で地下室を作ると建物内で地下室との動線が持てるため、使いやすく便利な地下室が作れます。

注文住宅は1から家を作るという究極の家づくりです。
時間をかけてしっかりとした計画を立てていく必要はありますが、注文住宅で作られた家は建売にはない住みやすさを持っています。
予算をある程度準備出来るのであれば、注文住宅も十分に選択肢に入ります。
大体どの位かかるのかは一括見積もりサービスを使うと簡単に分かるので、興味があれば試してみてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする