注文住宅を安く建てる方法って?

この記事の所要時間: 244

注文住宅を安く建てる方法

注文住宅は本来であれば少なくとも4,000万円は必要とするもので、住宅の建て方としては高額な費用を必要とします。
高いのが当たり前の注文住宅ですが、建て方を工夫するとある程度安く注文住宅を建てられますが、他にも注文住宅を安く建てる方法は存在します。

ローコストハウスという選択

注文住宅を請け負っている業者の中には、通常の注文住宅よりも安い費用で建てられるローコストハウスと言うものを用意している場合があります。
ローコストハウスは主に使用する建材の価格を押さえる事で実現させています。
提供しているのは主に住宅メーカーが多く、それぞれの業者は独自のローコストハウス向けの商品を作っています。

費用は1,000万円台から

ローコストハウスの場合、住宅の建築にかかる費用は1,000万円台で収まることが多くなります。
最低でも1,200万円ほどの費用は必要になりますが、注文住宅としては安価な価格です。

特に販売数の制限もない

ローコストハウスは住宅に使われる建材を大量に作る事で価格を安くしているので、基本的に数量限定と言った事がありません。
慌てて申し込む必要がないので、注文住宅の選択肢として十分検討した上で選択出来ます。
業者の規模によっては数量を限定している場合もありますが、ローコストハウス自体を取り扱う業者は多いので、他の業者を選択すると数量限定の影響を受ける事はほとんどありません。

ローコストハウスを選択する時の注意点

ローコストハウスを選択する場合は以下の事に注意してください。

あくまで住宅本体の価格

ローコストハウスはあくまで住宅の価格であり、土地の価格を含んでいません。
土地は別に準備する必要があります。

デザイン性はあまり選択肢がない

ローコストハウスは使用する建材を大量に生産する事で価格を抑えているので、使われる建材も沢山出回っています。
そのため、あまりオリジナリティを出した注文住宅には向いていません。
ごく普通の家を作るには十分対応出来ますが、こだわりの強い家を作るには不向きです。

性能や品質は十分

ローコストハウスは建材の価格を抑えているのであり、安い建材を使っているわけではありません。
安いから質が悪いと言う事はなく、品質も性能も十分に持っています。
耐震性能や断熱性などもしっかりと確保されているので、安かろう悪かろうと言う事はありません。
基本的な性能はあるので、家として長く使う事が出来ます。

ローコストハウスをベースにする事も出来る

ローコストハウスをベースに希望する住宅を作る事も出来ます。
太陽光発電やデザインの変更なども可能ですが、その分費用も上乗せされます。
しかし、基本的な家であるローコストハウスは必要なものだけを加える事が出来るので、最初から必要なものが何なのかを決めていれば不要な費用を抑えられます。

ローコストハウスは安い価格帯の住宅を求めていなくとも、基本の家の形として色々な発展形にする事が出来ます。
安い注文住宅を求めていなくとも参考になるので、注文住宅を依頼する業者が取り扱っている場合は視野に入れておくと選択肢が広がります。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする