小さな家の注文住宅

この記事の所要時間: 249

小さな家の注文住宅

土地に住宅を建てるのが注文住宅ですが、土地に合わせて家を建てるのも注文住宅の強さです。

注文住宅はあらゆる家を1から作り出せるため、たとえ土地が狭く小さな家しか建てられない時でも十分に対応出来ます。
都市部では、10坪満の家を建てるにはなかなか厳しい小さな土地に家を建てるという事は、珍しい事ではありません。

注文住宅で小さい家を建てる

注文住宅では狭い土地に小さな家を建てる事も出来ます。
小さな家は国土の狭い日本ではよく見かけるもので、「狭小住宅」と言われるものです。
その形状は様々ですが、狭小住宅の特徴は狭い、細長い、高いのいずれかに当てはまる場合が多く、住宅だけではなくビルでも狭小と言えるものが存在します。

狭小住宅のメリット

狭小住宅は土地が小さいという欠点があるからこそ建てる住宅ですが、土地が小さい事が狭小住宅の最大の利点になっています。
住宅を建てる土地は基本的にある程度の広さを持つ正方形か長方形、またはそれに類する形である事が望ましいと言われています。
極端に狭い土地は土地自体の面積が少ない事で形も細長くなるため価格が安く、建物を建てられる広さも制限されるので、更に価格が安くなるという2重の安くなる要素を含んでいます。
そのため、土地自体の価格はとても安価です。
注文住宅は大きな費用が必要ですが、土地も安く建物も小さいので安く済ませられるため、少ない資金でも家が建てられます。

狭小住宅のデメリット

狭小住宅のデメリットは、とにかく狭いので注文住宅で家を建てる場合は独特の工夫をしないと家を建てても通常の生活を送る事が出来ない可能性があることです。
また、狭い土地は両脇にも建物がある場合が多いので、窓を開けるとすぐに隣の壁になっていたり、狭すぎて駐車場を作れない、家の外観があまり拘れない、住居スペースの確保のために上に建物を伸ばす必要があることです。

また、土地の条件によっては建築が難航する場合があります。
特にミニユンボなどの小さい重機も入れないような狭い土地の場合、工事にも工夫が必要になるので工期が遅れる場合があります。

狭小住宅は意外と人気がある

狭小住宅は土地代込みで数百万円ほどあれば注文住宅で家が建てられるので、最近では人気も出ています。。
注文住宅を請け負う業者も狭小住宅向けの商品を提供している所があり、中には狭小住宅専門の業者も存在します。
狭い土地と言っても技術的には住宅の建築は可能で、耐久性や耐震性などにも問題がないので、狭いということ以外は至って普通の住宅が出来上がります。

狭小住宅で建てられる注文住宅の最小値

狭小住宅で建てられる住宅の最小値はおおむね9坪で、これを下回ると住宅が建てられない場合があります。
また、土地が異様な変形をしている場合なども建築が出来ない可能性が出てきます。

現在の建築技術では、たとえ狭い土地に注文住宅を建てても十分に家としての機能をもたせる事が出来ます。
間取りに工夫が必要なため間取りなどに拘る人もいますが、あまり拘り過ぎると通常の注文住宅にかかる費用を大きく超える事もあるので、度が過ぎない程度で快適さを追求してみてください。
選択出来るのであれば、狭小住宅の実績のある業者に依頼することをオススメします。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする