注文住宅の値引きの注意点とは?

この記事の所要時間: 228

注文住宅の値引きの注意点

注文住宅を請け負う業者の中には、契約後や契約前に値引きと称して明細などに数十万円から数百万円の割引を提示してくる事があります。

ただでさえ高いお金を支払う注文住宅において数十万円から数百万円の値引きがあれば依頼する方が助かるのですが、実際の所はその値引きは存在していないのかもしれません。

住宅の割引は基本的には無い

注文住宅を建てる時の割引は元々の価格が大きいので割引額も大きなものになります。
割引が大きくなればなるほど嬉しいものですが、注文住宅に限ってはこれらの割引は歓迎するべきものではありません。

注文住宅は値引きが難しい

注文住宅は沢山の建築資材と建築に関わる技術、そしてそれらを実行する人材によって作られていきます。

ホームセンターなどで売られている商品は値引きされていて当たり前になっていますが、住宅は鉛筆や消しゴムなどとは違い、使われている資材も大量で、建築に関わってくる人間が沢山います。

建築に必要な資材はそれぞれが違う素材で作られていたり、大きさや需要など色々な要素によってその価格も全く違います。
住宅には必須のドア一つとっても、その素材や機能、メーカーによって価格はバラバラです。
そんな価格がバラバラのものが数百、数千と組み合わさって住宅という一つの形を作り上げていきます。

そこには電気を通す配線や水を通す配管など、家としての機能を持たせるために必要なものもあり、それら全てにお金というものが必要になります。

1つの住宅に無数のお金のかかっている素材が関係していると言う事は、割引をするにはそれら全ての原価を導き出す必要があります。

住宅に使われる資材は基本的に大量に生産するか、大量に購入したものを使用します。
そのため、1つの住宅で使われる資材の価格を全て把握することは不可能に近いものです。
そんな状態で「値引き」が出来るはずもなく、注文住宅での割引はほとんどの場合本来は存在しません。
仕組みのほとんどは、最初から見積や明細に値引きとされる分を上乗せして、そこからあたかも値引きをしているように上乗せした分を引いて、見せかけ上の値引きにしている事があります。

全ての値引きが見せかけであるとは限りませんが、割引をするために必要な作業が難しいので、注文住宅においては割引をするのはあまり現実的ではありません。

値引きよりも中身が大事

高い買い物である注文住宅に割引あがるとなれば、多くの人は助かると感じることでしょう。
しかし、割引で注文住宅を依頼する業者を選ぶよりは、自分の作りたい家を建ててくれるかどうかを重視したほうが良い結果になります。
安く注文住宅を建てるのも良いのですが、業者選択は割引よりも注文住宅そのものの中身を見てから決めるようにしてください。
割引も得られれば良いのですが、それよりも建てる住宅の品質が優先です。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする