注文住宅と欠陥住宅

この記事の所要時間: 69

注文住宅と欠陥住宅

2015年現在、テレビなどでマンションの欠陥を伝えるニュースが報道されています。
マンションという大規模な集合住宅なので大々的な報道がされていますが、このような事はマンションだけではなく注文住宅でも起きる場合があります。

注文住宅は1から家をつくるという、家造りとしては贅沢な方法です。
建売ではないために基礎作りから家の本体建築まで全て1からつくり上げるため、注文住宅を依頼する人の求める家を作る事が出来ます。

しかし、中には質の悪い業者がいたり、下請け業者の監督が出来なかったりする事で出来上がった住宅に欠陥が見つかる場合があります。

注文住宅と欠陥住宅

注文住宅で作られた住宅に欠陥が見つかった場合、ほとんどの場合で業者側の責任として補修や修繕、最悪の場合は建て替えという選択を取る事になります。
ここで業者が素直に応じてくれるのなら良いのですが、業者側が欠陥がある事を認めなかったり、難色を示すと欠陥を放置される場合もあります。

これはある地方都市の例なのですが、数千万円規模の純和風な豪邸を注文住宅で建てた人が、完成後に建築業者から引き渡され暮らしてみると、新築にも関わらず雨漏りをする事に気づき、業者との話し合いの末屋根の修繕をする事になりました。
しかし、屋根の修繕をしても雨漏りが収まる事がなかったため、依頼者は業者に対して屋根部分の張替えを要求、業者側はかわらの葺き替えで対応したのですがそれでも雨漏りが収まらず、依頼者は欠陥住宅であるとして建て直しを要求したのですが、業者はこれを無視しました。
結局依頼者はせっかく出来た注文住宅で暮らす事が出来ず、何度かの話し合いの末に結局業者は修繕も放棄したために裁判という流れになりました。
以後、長期間裁判で争う事になりますが、数年たった現在でも裁判の決着は付いておらず、欠陥があるとされた注文住宅で作られた家は誰も住んでいません。

この例はある意味極端なものですが、注文住宅で欠陥というトラブルが発生してしまった場合、業者の対応力次第では問題が長期化してしまうのも十分に考えられる事です。

欠陥住宅が出来ないようにするには

一番確実なのは建築中に第三者の検査を入れる事です。
専門の診断士による住宅の検査は1回あたり10万円ほどの費用がかかりますが、欠陥住宅を防ぐには効果的です。

建築に当たる業者にしてみれば気持ちの良い話ではないかもしれませんが、高いお金を出して作る注文住宅なので、欠陥という全てを無にしてしまうようなものは排除しておいた方が安全度は高くなります。

建築を任せる業者とコミュニケーションを取る事も大事です。
要望や希望をしっかりと伝えることは、希望する注文住宅の理想にそれだけ近づく事になります。

「出来てみないと分からない」が実情

実際の所は、住宅が完成してみないと分からないものなので、完璧に欠陥住宅を防ぐ事は出来ません。
しかし、「欠陥住宅だった」という事がネット上などで広まるとその業者のダメージは大きなものになるので、普通の業者であれば欠陥を出さないような作業を行い、管理も徹底します。

悪質業者でもない限りは欠陥住宅になる可能性はとても低いので、知名度や実績のある業者を選択する事が欠陥住宅の防止に役立ちます。
注文住宅の一括見積もりのサービスを利用すれば知名度や実績のある業者しか出てこないので、欠陥住宅への心配も減らす事が出来ます。

欠陥住宅の種類

注文住宅に限った話ではないのですが、人が作り上げるものは「欠陥品」が混じる事があります。

注文住宅も同じで、欠陥住宅によるトラブルは実際に存在します。
高いお金を払って建てた注文住宅が、いざ住んでみるととんでもないシロモノだったと言う事は実例として存在し、各地で裁判にまで発展しているのは紛れも無い事実です。

欠陥住宅には2つの特徴があります。

契約内容との相違

注文住宅は契約の基に建築される建物です。
契約にはどういった建て方で、どういう間取りで、外観はどうするなど、細かい指定が設計図として決められていて、建築は契約通りに行われる必要があります。
ところが、建築途中に何らかの原因で契約とは異なる内容の建て方をしてしまったり、手抜き目的で見えない部分に本来行わないといけない工事をせずに放置したりという事が起こる場合があります。

これらは契約とは違う建て方なので契約違反であり、欠陥住宅として扱われます。
このタイプの欠陥住宅は法律の基準ではない部分が争点になるため、裁判になった場合長期化する傾向があります。

法令違反

住宅は自由に建てられるものではなく、法令であらゆる制限が設けられています。
代表的なものは建ぺい率や容積率と言ったものですが、これらの法令で定められた基準を守らずに建ててしまうと、その時点で欠陥住宅になります。
欠陥受託としてはかなり深刻なもので、法令に違反しているのですぐに対処しなければならない上に建物の一部を削り取るような事も必要もあります。

欠陥住宅の場合、上記の2種類のどちらかに属する事になります。
どちらのタイプの欠陥住宅も住宅としての機能はあるのですが、そこに住むには安全性や法令という面で問題があるために、基本的によほどの理由がない限りは住む事が出来ません。

また、業者によっては責任を放棄してしまう場合もあるために解決が難しく、10年以上争うような事も珍しくありません。

どんな問題があるのか

欠陥住宅の場合は、以下のような問題が住宅に発生します。

室内の問題

分かりやすいのは雨漏りですが、この他にも配管の不良による漏水や排水不良があります。
壁や窓の過剰な結露や本来入れているはずの断熱材がない、建具の機能不全なども室内の問題に含まれます。

壁、床、天井

室内、室外問わず壁や床、天井は欠陥の中でも分かりやすいもので、歪みやたわみ、ひび割れ、変形と言った事が起こります。
欠陥によっては後から発覚する事もあるので、とても厄介な欠陥の1つです。

床は水平が取れていない、凹凸がある、踏むとへこむ、きしんだり音がなると言った事が起こります。
欠陥の中では危険なもので、床を踏み抜いたり転倒する事もあるために、そこで生活をする事はかなりのリスクを伴います。

基礎と屋根

住宅の最重要部分とも言える部分ですが、見えない部分もあるために、欠陥が発覚しやすい部分です。
基礎はひび割れや沈下の他に、見えない部分の基礎自体がないと言った信じられないような欠陥も発生します。
屋根も同様に変形や歪み、剥がれと言ったものがあり、問題あると雨漏りに直結します。

基本的に基礎や屋根に欠陥がある場合は住宅の強度にも問題が出るので、住むのは危険です。

防ぐ方法は沢山ある

注文住宅には欠陥住宅のリスクが必ずつきまといますが、効果的にリスクを避ける方法は存在します。

費用はかかりますが、第三者検査は建築中に欠陥があれば見つかります。
注文住宅を依頼する業者選びも欠陥住宅を掴まされないようにするためには効果的な方法です。
業者選びは一括見積もりサービスを利用すると、問題のある業者を避ける効果も期待出来ます。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする