注文住宅の展示場での注意点

この記事の所要時間: 320

注文住宅の展示場での注意点

注文住宅を手軽にイメージ出来るのが、展示場と言われる住宅メーカーなどが単独、または共同で設置している会場です。
住宅展示場とも言われる事がありますが、基本的には注文住宅を作った時の例としてある程度の規模の住宅を建てて公開している場所なので、これから注文住宅を考える人にとっては良い情報収集の場となるものです。

展示場にはそれぞれの業者から担当者が配属されていて、イベントなどを開いて注文住宅に興味のある人や、これから注文住宅を建築出来るくらいの収入に達するような人を集めて営業をする、営業の場でもあります。

業者の営業担当者はとてもしたたか

注文住宅に興味のある人が情報を得ようとして展示場へいくと、必ず名前と住所、連絡先などを記入する事になります。
これはイベントや景品、抽選会などを用意して、その受取のためという名目で記入を求めてくるのですが、ここで業者側は「注文住宅に興味のある人」の個人情報を集めています。

この個人情報は注文住宅を扱う業者からすれば宝の山で、高い維持費のかかる展示場や無料でのイベント、抽選会などの催しを行ってでも欲しいものです。
当然、展示場に行けば注文住宅を勧められる事になります。

ただし、大きな買い物なのでその場での契約を求めてくる事はまずありません。
この点は、情報目的やお試し感覚で展示場を訪れる人からすれば「重くない」ので「行きやすい」という印象を与えています。

しかし、注文住宅を請け負う業者の担当者はかなりしたたかです。

担当者によって行われる「選別」

展示場はイベントなどを定期的に行い、無料で色々なものを配る事も多いので沢山の人が訪れます。
そこで注文住宅を請け負う業者の担当者は訪れた人に営業を掛けるのですが、この時に訪れた人を選別しているのです。

展示場に訪れる人は、全員が注文住宅という高い費用が必要なものを購入出来るとは限りません。
実際にイベントや無料配布品目的で展示場を訪れる人も多くいますし、注文住宅に興味があっても経済的に購入が難しい人も訪れます。

営業担当者はここに目を付けるのです。
個人情報を入手した相手が、今すぐ、あるいは将来的に注文住宅を建てられるのか、そしてその経済力は保持しているのかを営業マンという目線で判断し、選抜していきます。
経済力がないと判断される人もいれば、元から注文住宅を買う気がないと判断される人もいます。
ここで注文住宅に興味ありで経済力もあると判断されると、翌日以降からダイレクトメールや電話、メール、あるいは直接の訪問などで注文住宅の購入を勧めてくるのです。

展示場は業者にとって客となる可能性のある人を探す畑のようなもので、業者にとっては売上を確保するための戦場でもあり、客の選別をしている場でもあります。
選択をするのは何も注文住宅を建てる人だけではなく、業者側でも客となる人を選別しているのです。

展示場にいくのなら…

展示場は注文住宅を考える人には有意義な情報を得られる場ですが、セールスを受ける事が必ずしもプラスになるとは限りません。
客の選別はあくまで営業担当者の判断によるものなので、彼らの選別ミスがあると経済面でまだ注文住宅が厳しい人にも、いかにも購入出来るという触れ込みで入ってくる事もあります。
そういう人が営業に乗ってしまうと、将来的にローンが払えないという結末を迎える可能性が高くなるのです。

すでに注文住宅の購入を決意しているのならよいのですが、まだ迷っていたり情報だけほしい時は、個人情報の提供を断るなどで営業担当者が選別出来ないようにする事も有効です。

展示場は将来の自分の住処を想像するには良い場所ですが、同時に業者の拠点です。
最初から業者に乗せられてしまうと、自分や家族のための注文住宅を作りにくい環境にもなるので、展示場へ行くのなら選別されているという事を理解しておいてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする