注文住宅に太陽光発電は必要か?

この記事の所要時間: 510

注文住宅に太陽光発電

注文住宅の太陽光発電について記載していきます。

注文住宅は住宅だけではなく、住宅をより機能的にする設備も選択する事が出来ます。

設備にも色々とありますが、住宅の性能や生活をする上での維持費などにも影響してくるのが太陽光発電システムです。
建てた注文住宅が簡易的な発電所になる太陽光発電システムは、注文住宅が完成しそこで暮らしていく上で大きな恩恵をもたらしてくれます。

太陽光発電は注文住宅に必須か

注文住宅に太陽光発電は、今となっては必須と言って良いでしょう。
決め付けるというのも良くはないのですが、太陽光発電が登場した当初は価格が高く、重量もあり工事も大掛かりになる事があったために、誰にでも勧められるものではありませんでした。

現在では技術も進んで太陽光発電パネル自体も軽くなったため住宅への負荷も小さくなり、発電量が増えて天候の影響もあまり受けないほどの性能を確保出来るようになっています。
また、普及とともに価格も下がってきているので導入コストも安く、注文住宅で建てた家に設置出来るのなら可能な限り設置した方が得をします。

発電量が大きくなった事で売電による利益を生みやすく、性能次第では電気代がほぼかからなくなります。
太陽光発電システムの本体費用と設置費用も運用期間内で十分回収出来る事もあり、注文住宅と言う選択で家を建てるにおいて、太陽光発電システムを導入しないのはほぼ必須だと考えられるほど、太陽光発電をめぐる環境は良くなりました。

建てる住宅によっては導入が出来ない事もありますが、注文住宅の計画を作る時に太陽光発電の導入が出来るようであれば、計画に加えておいた方が有利になります。

補助金や税金面での優遇措置もある

太陽光発電は自然エネルギーの代表格でもあり、政府も推進をしているエネルギー生産方法の1つです。
出来るだけ沢山の設置を促すため、自治体によっては補助金を用意している所もあります。
また、エコ住宅として認定される基準の1つとなっているので、住宅ローンの一種であるフラットS系の審査や、税金にも影響します。
導入コストは必要ですが、それ以上の恩恵を受けられるので多少費用がかかるとしても、太陽光発電は導入した方が全体の費用は抑えられやすくなります。

太陽光発電の恩恵である導入コストの回収は数年先になってしまいますが、補助金や売電のメリットは注文住宅の完成後すぐに得られるので、多少注文住宅にかける予算が高くなったとしても、導入を目指す方が得をします。

導入コストを抑える方法

注文住宅を依頼した業者で太陽光発電に必要なものは用意してくれますが、家電量販店などでも取り扱っているので自分で購入して施主支給品として取り付けてもらう方が費用が安くなります。
自分で太陽光発電の準備をする場合は、注文住宅の計画段階で業者に伝えておいてください。

太陽光発電の電気を売るための契約

注文住宅に太陽光発電システムを導入した場合、発電した電気は蓄電池へ貯め込んで使われますが、蓄電池にも電気を蓄えておける容量があるため、一部は電力会社へ販売する事になります。
これは法でも定められているもので、電力会社には再生可能エネルギーである太陽光発電で作られた電気を買い取る事を強制しているためです。

電気を電力会社へ売るには電力受給契約という契約をする事になります。

電力受給契約は一般的には売電契約と言われているもので、電力受給契約は管轄の電力会社の窓口で申し込むか、ネット上から申し込みます。

電力受給契約で販売出来る電力には高圧と低圧というものがあり、太陽光発電で作られる電力量で決められます。
発電量が50Kw未満の場合は低圧、50kwを超える場合は高圧となりまるが、注文住宅のような住居に取り付けるタイプの太陽光発電は低圧に分類される事がほとんどです。

電力受給契約を結ぶと作られた電気は、契約時期に応じて決められている固定価格で買い取られる事になりますが、電力受給契約を結ぶには条件を満たしている必要があります。

電力受給契約に必要な条件

設備認定

導入する太陽光発電システムを申請して国から認可をもらう事を指します。
現在生産されている太陽発電システムであれば性能面で問題になる事はありませんが、申請から認定まで約1か月かかるので注文住宅の建築の様子をみて申請を行わないと、完成後しばらくの間は太陽光発電システムを使えない事になります。

電力受給契約を年度末までに済ませる

この場合の年度末とは、12月末ではなく3月末の事です。
もし、年度末を過ぎてしまうと来年まで待つ事になってしまうので、注文住宅の完成予定が年始になる場合は、早めに契約を済ませておかないと売電が出来ません。
少なくとも、2月中には発送電分離の申し込みをする必要があります。

高圧の場合は接続検討も必要

敷地を利用して複数の太陽光発電パネルを設置し、発電量が高圧基準になる50kw以上ある場合は、設備が適正かどうかを判断する接続検討という作業を電力受給契約の前に行います。
接続検討も1か月程度かかるので、注文住宅の完成が年度末に近い場合は、完成を待たずに申請しておく必要があります。

売電を拒否される?

「エコ住宅」と言われる発電量が10kw以上ある住宅に設置された太陽光パネルを設置している場合、電力会社が売電を保留して来る事があります。
2014年に九州電力が買取保留をして批判を受けましたが、理由はともかく10kw以上の発電量がある場合は、売電が一時的に拒否される可能性があります。

一般的な注文住宅の場合は、特に問題なく売電の実現まで進める事が出来ますが、売電による利益を重視した注文住宅を建てた場合は、電力会社の制限に引っかかる恐れがあります。
電力会社とのやり取りは時間が掛かる上に満足な回答が得られない事も多いので、太陽光発電量が多い注文住宅を建てる時は、素早い申請と電力会社の対応を注視して、問題が起きてもすぐに対応出来る体制を整えておく事をオススメします。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする