収納で注文住宅を安くする

この記事の所要時間: 241

収納で注文住宅を安くする

注文住宅にかかる費用は、住宅の面積に大きく左右されます。
しかし、住宅にはどうしても空間として利用出来ないデッドスペースが存在したり、収納を設ける事でその部分は人の生活空間ではないにも関わらず費用が掛かってしまう場合もあります。

デッドスペースや人が生活をする空間以外の場所を多く作ってしまうと住宅の広さも大きくなるため、その分は費用として重くのしかかってくる事になります。

ただでさえ高い買い物である注文住宅では、たとえ1坪でも大きな金銭負荷になってくるので住宅内に不要な空間を減らしつつ、収納スペースを確保する事が、注文住宅の建築にかかる費用を大きく減らしてくれる1つの要素になります。

1坪作ると100万円?

住宅を1から建てていく注文住宅では、住宅を建てる広さがそのまま費用に影響します。

極端な例ですが、注文住宅の計画も済んだ後の最後の確認で収納が欲しくなり、収納分のスペースを畳2枚分確保したとします。
畳2枚は中京間の場合約1坪に相当しますが、この1坪で作る収納スペースに掛かる費用はおおむね100万円前後です。

収納スペースの作り方にもよりますが、住宅メーカーなどが販売している収納スペース用の商品であれば100万円ほどの費用はかかります。
また、1坪分の住居の広さを確保しないといけないので、その分の資材も必要になるため実際には100万円以上の追加費用が発生します。
たった1坪の収納が、100万円かそれ以上の費用を要してしまうのも珍しい事ではなく、例えその収納が必要だったとしてもその負担は安いとは言えない金額になります。

しかし、もしこの収納を既存の計画内で収めたらどうなるでしょうか。

デッドスペースや床下に収納を作る

既存の注文住宅計画内に収納を収めるには、住宅自体のデッドスペースや床下を利用した収納を作る事で解決します。
収納として利用しやすいのは床下や屋根裏で、住宅の構造によっては壁のなかに収納を作る事も出来ます。

床下や屋根裏は意外と広い空間が取れるので、上手く利用出来ると広めの収納が確保が可能です。
住宅の構造や工法によっては全く収納スペースを確保出来なかったり、わずかな収納スペース歯科確保出来ない場合もあるので、注文住宅を依頼している業者に相談してみてください。

収納スペースの確保数次第では、大きな節約もできる

収納スペースを住宅内のデッドスペースに集約すると、その分生活に必要な空間に加えて収納をするスペースを住宅内に設ける必要がなくなるために住宅自体がコンパクトになります。
上手くいけば数百万円単位の節約効果も得られる事があり、注文住宅を建てるために負うべき負担が大きく減ります。

全ての注文住宅に有効と言うわけではなく、収納スペースを完全にデッドスペース内に収めることが難しい事もありますが、1坪分でも減らせればそれで高価は十分に得られます。

収納スペースについては最初の設計段階で計画しないと再設計の必要があるため費用も時間もかかるので、費用を抑えたい時は最初から収納スペースを住居内のデッドスペースに設ける事を検討してみてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする