注文住宅の失敗とそのリスク

この記事の所要時間: 242

注文住宅の失敗とリスク

物事には「成功」と「失敗」という2種類の結果があるものですが、注文住宅にも成功と失敗という2つの結果が存在します。

注文住宅での成功と失敗は極端と言えるほど結果が違うものですが、成功したか失敗したかはすぐに分かる事もあれば、何年か先になって初めて分かる事もあります。

注文住宅の成功と失敗

注文住宅が成功した場合と、失敗した場合ではその結果に大きな差が生まれますが、どちらの結果だったとしてもその人の人生に関わってきます。

注文住宅の成功

注文住宅の成功は人によって基準は違いますが、おおまかに以下のことを成功の判断にすると分かりやすいかもしれません。

注文住宅の費用が予算内

注文住宅では、用意していた予算を超えてしまう予算オーバーがほとんどの場合で起きてしまいます。
上手くコントロールをしたつもりでも、実際に注文住宅の計画が走り始めると想定外の出費が出てしまいやすいので、予算内に収めるのはかなり難しいものです。
しかし、そこを上手くやりくりして予算内に、あるいは予算を少し超えるくらいで納められたのなら、その注文住宅は成功したと判断できる材料の1つになります。

予想通りの家になった

注文住宅は設計図から起こすものですが、注文住宅の受注業者、あるいは設計士との意思疎通が上手くいかないと設計の段階で希望する家になっていない可能性があります。
設計図は素人が見ても分かり辛いので、それを見ただけでは希望通りの家になっているか判断することは難しいものです。
もし出来上がった家が希望通りのものであれば、その注文住宅は成功したと判断できる1つの材料になります。

注文住宅が成功したかどうかは、おおむね上記2つの判断材料と個々の都合に合わせた条件をどれだけ満たしたかによります。

注文住宅の失敗

注文住宅の費用が大幅に予算を超えた

注文住宅は予算オーバーになりやすいものですが、そこで予算内に押さえる努力をせずに、そのまま計画を進めてしまうと、以後の生き方に大きな影響を及ぼすかもしれません。
注文住宅は数千万円規模のお金が掛かるもので、その資金源は多くの場合銀行からの借り入れになります。
当然、住宅が完成しても借り入れは月々返済する事になりますが、予算を大きく超えた場合収入と返済金額のバランスが取れず、返済が滞るという最悪の事態になるかもしれません。
返済が滞れば、銀行は容赦なく住宅などの差し押さえをしてくるので結果として住宅を失います。

希望とは違う家だった

注文住宅メーカーや設計士とのやり取りが噛み合わず、希望するものとは違う設計図が出来た場合に起きやすい失敗です。
設計図は素人が見ても分かりにくい事もこの失敗が起こる原因になっています。

この他にも成功と失敗の判断基準になるものは個々によって沢山あります。
しかし、ここで挙げた成功の例と失敗の例は、どちらも注文住宅完成後の人生に大きく関わるものです。

注文住宅は、大きな買い物です。
失敗すればそれだけ以後の人生も大きく変化する事になるので、注文住宅を計画するのならリスクをいかに減らしていくかを心がけてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする