狭い土地や変形地にも注文住宅は作れる

この記事の所要時間: 257

狭い土地や変形地にも注文住宅が可能

注文住宅で家を建てる時には、まず家を建てる土地を準備する必要があります。

土地には住宅を建てるのに適しているものと適していないものがあり、通常は建築に適している土地を選択するものですが、都合次第では「住宅を建てるには適していない土地」を選択しないといけない場合もあります。

住宅を立てるのに適さない土地

適していない土地と言ってもなぜ住宅を建てるのに適していないかの理由によって様々ありますが、よくある理由では土地自体の形が変形しているというものです。

通常であれば住宅を建てる土地は正方形に近い形が一番適しているのですが、土地は地権者のやり取りなど過去に行われた取引や昔からあった古い建物が解体されるなど、色々な理由で変形地が生まれる事があります。

あまり大きな変形地でなければ良いのですが、中にはL字型になっていたり細長い長方形であったり、ひょうたんのようになっていたりと、なぜこんな土地になったのかと考えてしまうほどの奇妙な形も存在します。
変形している土地はあまり度が過ぎていると建物を建てるにはあまり適さないため、その価格は相場価格よりも安めになっている事が多くあります。

このような土地は住宅を建てるには向かないのですが、注文住宅のような1から家をつくり上げる方法であればその土地に適応した家を作る事も出来ます。

土地の形に難があっても、工夫次第では快適な暮らしも十分出来るので予算が少ない時には選択肢の一つになり得るものです。
また、相続した難のある土地や元々難のある土地に建っている住宅の建て替えなども注文住宅であれば対応出来ます。

注文住宅を依頼する業者の能力による所も大きくなりますが、たとえ難のある土地だとしても注文住宅ならその多くで家を建てる事が出来ます。

変形している土地の場合

変形している土地の場合は、設計段階で住宅自体を変形地に合わせて作る事で対応出来ます。
L字型の土地であればL字型の住宅を、細長い土地であれば階数を増やして居住空間を確保するなどの方法があるので、よほどいびつな形の土地ではない限り住宅を建てる事は可能です。

土地のある地域によって建ぺい率などの違いで家を建てるには制限がきつくなる事もあるため、変形している土地を選択するのなら購入や注文住宅の計画時によく調べておいてください。

狭い土地の場合

狭い土地の場合はどうしても家自体も小さくなってしまうので、基本的に高さを伸ばして住宅の居住空間を確保します。
ほとんどの場合で3階建てになる場合が多いのですが、間取りを工夫する事で快適な空間をつくる事を十分に期待出来ます。

傾斜のある土地の場合

難のある土地の中でも対処しやすいタイプですが、傾斜の度合いによっては他のタイプの土地よりも利用しにくい場合があります。

傾斜がある場合は土地の傾斜自体を土や砂利などで平坦にしてしまうか、家を建てる所だけ杭やコンクリートを使い平坦にする事で住宅を建てられる土地にします。
あまり急激な傾斜の場合は削って平坦にするなどの方法もありますが、工事の規模が大掛かりになると費用も高くなるために予算も大幅に超えてしまう場合もあります。

難のある土地だとしても、注文住宅を依頼する業者との納得がいくまで打ち合わせをすれば、良い住宅を建てられます。
どうしても家が建てられない土地もあるので、あえて難のある土地を選択する時はよく注意して選択してください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする