注文住宅が完成するまでの流れ

この記事の所要時間: 446

注文住宅が完成するまでの流れ

注文住宅で家を作るには、色々な手順を必要とします。
基本的な注文住宅の流れは土地を探してから住宅を建築するのですが、実際に建築が始まるまでにはそれなりの時間がかかります。

建築自体は住宅メーカーや設計事務所、工務店などが行いますが、建築を始めるまでの準備や業者探しは自力で行う必要があり、その手間は結構大変なものです。
しかし、手を抜いてしまうと希望する家を建てられなかったり、お金の問題が出てくるので時間をかけてしっかりと選択していく必要があります。

まずは土地探し

最初に必要なのは、住宅を建てる土地の確保です。
住宅メーカーで注文住宅を建てる場合は土地の確保も代行してくれる事がありますが、基本的には自力で探します。

自力で探すメリットは、立地だけではなく費用面でも好みの土地を探せる事と、土地のある場所を自由に選べる事です。
土地は不動産業者が売りに出しているものだけではなく、不動産業者に依頼して希望する条件に合う土地を探してもらう事も出来ます。

土地を探してもらう場合は時間が掛かる事がありますが、見つからない場合は手数料などを一切支払う必要がないのでリスクはほぼありません。
「見つからないことがある」というリスクは有りますが、その場合は売りに出ている土地から選ぶか、住宅を建てる地域を変更する、土地が見つかるまで住宅の建築をしないという選択肢から選ぶ事になります。

注文住宅会社によっては、不動産業を兼務、不動産会社と提携している所もあり、注文住宅に合ったプロの視点から土地探しのアドバイスをしてもらえる業者もありますので、色々と業者に相談をしてみると良いでしょう。

資金面の計画

注文住宅において実現の最初の要となるもので、貯蓄などから、どこまで頭金を支払えるのか、ローンをいくら組めるのかなどをここでまとめておきます。
以後の収入や他の負債額をよく考え、今の自分がどの位のローン負担に耐えられるのかをよく検討してください。
資金面をしっかりと考えたいのなら、土地探しの前に資金計画を作る方法もあります。

土地取得から施工業者の決定

注文住宅は住宅メーカーだけではなく、設計事務所や工務店でも取り扱っています。
どの業者で建てるかは建築費用と工法に直接関係するので、業者選びはとても重要な意味を持ちます。

特に建築費用は極端に差が出やすくなります。
一般的には住宅メーカーが一番高額で、続いて設計事務所、工務店の順番に費用が高くなります。

理由は施工出来る工法の種類で、住宅メーカーは選択可能な工法が幅広い事が多いため、高額な費用のかかる建て方を選択出来るために、選んだ工法次第では高い費用がかかります。
設計事務所や工務店も同様に選択可能な工法は多いのですが、住宅メーカーよりは多少安い費用である事が多めです。
必ずしも住宅メーカーが一番高いかと言えはそうではなく、あくまで建て方で変わる事は注意してください。

注文住宅は建売と違い業者によって建築費用に差が出る場合があるので、必ず一括見積もり等を利用して複数の施工業者から見積りを取ってください。
施工費用は最終的に見積通りにならない事が多いのですが、それでも差額が数百万円ほど出る場合があります。

この段階になると実際に建築する住居の設計図が作られるので、施工にかかる費用もほぼ決まります。
また、設計に必要な費用の一部はこの時点で支払います。

建てる業者が決まったら、どんな家を作るかを決める

住宅の建築を任せる業者が決まったら、依頼した業者の担当者と共にどんな家にするかを決めていきます。
ここで全て決めてしまうのもよいのですが、最初に計画をした住宅を提案して、担当者に予算内で収まるような変更の提案を求める事も出来ます。
予算が余っている時は予算を目一杯使うような変更も出来ます。
ここで建てる家の全てが決まると言える作業なので、決して手を抜いてはいけない作業です。

ローン申請

施工費用がほぼ分かる状態になったら、不足する金額分を金融機関から住宅ローンとして借り入れます。
審査には時間がかかるので、ある程度の余裕を持った申し込みが良いのですが、まだこの段階では施工内容が変更出来る状態なので、金融機関にもその事を伝えておいてください。
最終的には、最初に予算として決めた額の範囲内に収めるため、施工内容を変更して銀行からの借り入れを増やさない方が、後からの負担が抑えられます。

建築開始

全て決まれば、住宅の建築が始まります。
建築が始まると規模や季節にもよりますが、早ければ4か月から6か月ほどで完成します。
長い場合は8か月ほどかかる事もあるので、建築が決まったときに業者に聞いておいてください。
通常は、業者から完成予定日を知らせてきます。

完成予定日が近づいたら

完成予定日が近づいたら、引越しの準備を始めます。
引越し業者には住宅の引渡し日を指定しておけば、完成してすぐに引越が行えます。
新築の家なので、出来るだけ養生が基本サービスに含まれる引越し業者を選択してください。

以上がおおまかな注文住宅の流れです。
実際は支払いや手続きと言った事が入ってくるので、意外と煩わしい手間が必要になります。
全て終えるまでには1年以上かかることもあるので、あせらずに時間をかけて、1つずつ進めてください。
また、実際に住宅の建築が始まる前にある程度の現金が必要になるので、前もって準備をしておいてください。
どのくらいかかるかは内容にもよりますが、150万円以上は準備しておいたほうが安心です。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする