注文住宅完成後のメンテナンス費用と期間

この記事の所要時間: 238

注文住宅完成後のメンテナンス費用と期間

注文住宅は完成して引き渡しをされた後も、注文住宅を請け負って建築した業者との関係は続いていきます。

住宅は建てたら終わりではなく、長く住み続けるためのメンテナンスが必要です。
メンテナンスと言っても色々な種類がありますが、主なものは外壁塗装や屋根塗装、壁紙の張替えやリフォームもメンテナンスの1種です。

これらのメンテナンスは定期的に行わないと住宅の耐久性能を落としてしまう事に繋がります。
どんな家も建ててから年月が経てばそれなりの耐久性能が失われていきますが、メンテナンスを行えば低下していく耐久性能を最小限に押さえて長く住み続けられる家を維持出来ます。

注文住宅で家を建てた場合、業者によってはメンテナンスサービスを期間を決めて有償で提供している所があります。
メンテナンスの保障期間は年単位で設定され、最低でも5年、長いものになると30年と言ったものがあり、メンテナンスの保障期間が長くなるほど総費用は安くなります。

メンテナンス保障で行われるもの

メンテナンス保障で行われる作業は、定期的な住宅の検査と外壁塗装、屋根塗装、あるいは外壁や屋根の交換です。
これらを何年先に行うかがメンテナンス保障の主な中身で、外壁塗装や屋根の交換などは住宅を維持するためには必須のものですが、少なくとも10年以上は先の話になります。

この「10年以上先」になってしまうと言う事が、費用のムダを生む可能性をはらんでいます。

メンテナンス保障を業者が提供している場合、倒産や廃業をしてしまうと保障は受けられなくなります。
また、子供の成長や自身の加齢などで今は良い住環境だとしても将来は建てた家が必ずしも良い環境であるとは限りません。
将来的に「手放して売る」という選択もあるので、この場合は保障自体もなくなりムダになります。

メンテナンス自体は必要なことを考えれば難しい判断を必要としますが、費用を押さえる事を目的とするなら以下のような選択があります。

基本的な保証内容にする

基本的な保障内容の場合、メンテナンス保障期間は15年程度です。
15年後に必要な補修をする事になりますが、15年であればメンテナンスの時期が来た時に今後の指針を考える時期にも近くなる場合が多いので、住み続けるのなら必要なメンテナンスを、売って移住などをする場合でもメンテナンスでの売却価格の上昇を期待出来ます。

必要な時期が来たら補修する

住宅は外壁や屋根の塗装、交換と言ったものが必ず必要になりますが、おおむね10年から15年の間に1度行う事になります。
必ず必要になると分かっているものなので、今「保障」という形でなくとも必要な時期になったら専門の業者に依頼するという方法も取れます。

保障は何が最良の選択で最も効果的に経費を抑えられるかは注文住宅を立てる人によって異なります。
自身にとってどういう選択が費用を抑えられるかはよく考えてみてください。

もし、よく考慮した上で選択を誤らなければ注文住宅に掛かる費用を40万円から60万円程度が削減出来ます。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする