注文住宅とキッチンの選び方

この記事の所要時間: 257

注文住宅とキッチンの選び方

注文住宅とキッチンの選び方について記載していきます。

住宅にはそこで生活するために必要となる設備を必ず設置する必要があります。

リビングや各自の部屋なども大事なものですが、生活に必須となる部屋はなければ、せっかくの注文住宅でも住む事は難しいものです。
生活に必要となる部屋として最も大事なものの1つにキッチンがあります。
キッチンは料理をする場でありますが、構造によっては家族が食事をする場所や団らんをする場所にもなりうる重要な部分です。
必須であり住宅の中でも重要な部分であるキッチンは、建てる家と求める生活によって選択をする必要があります。

どのキッチンが良いかは、キッチンの広さと使い方で変わる

注文住宅を建てる時の計画には、キッチンの詳細も含まれます。
キッチンは住宅の広さと、どのようなキッチンの使い方にするか、そして費用をどの位かけるかで選択肢も変わってきます。

住宅が広ければ、キッチンの広さ確保出来ます。
広いキッチンであれば、テレビの料理番組などで見られるアイランド型と言われるシンク部分が部屋のどの壁にも接地していないタイプのキッチンも選択肢に入ります。
アイランド型は動線が広く使いやすいのですが、キッチン全体の中では費用が高くなります。

キッチンを食堂としても使うのなら、対面型も選択肢に入ります。
対面型はシステムキッチンとテーブルがくっついているようなもので、出来た料理をすぐにテーブルへ並べられるほか、片付けも簡単です。

キッチンの機能を特化させるのならL型やU型も候補になります。
L型やU型はシステムキッチンを2列、またはL字型に並べるため調理スペースが広くなり、調理に特化した空間を作れます。

シンプルにまとめるのならもっともポピュラーなI型が一番です。
壁にシステムキッチンを付けるのでスペースをあまり必要とせず、冷蔵庫や食器棚も綺麗に配置出来るのでシンプルかつ機能性の高いキッチンになります。
費用面でもI型は優れるので、節約と機能性を求めるときにも良い選択になります。

どれを選べばいい?

基本的には、好みで選んで問題ありません。
ただし、アイランド型はキッチン自体が広くないと使いにくくなり、L型やU字型もある程度キッチンの広さを要求されるので、注文住宅で建てる家自体の広さも関係してきます。
費用面でも高くなるので、拘りのあるキッチンを作りたいのなら良いのですが、キッチンとしての機能さえあれば良いのならあまり向かない選択になります。

対面型はI型以外のキッチンの派生とも言えるもので、キッチンに立った時、シンクの向こう側に直接テーブル、あるいは壁を挟んでテーブルのあるタイプです。
こちらも費用が掛かるのですが、料理をしながら家族と話せる、リビングとの動線があるので家族が揃っている場で料理が出来るなどの利点もあります。
家族と接する時間を大事にしたいのなら、対面型も良い選択です。

キッチンはキッチンとしての機能を持てば良いというのならI型が向いています。
シンプルながらキッチンの性能は十分持たせる事が出来る上、費用も抑えられるので節約をしたい時にも有効な選択です。

キッチンは住宅の要とも言える大事な場所です。
確保出来る広さ、キッチンに求めるものをよく考えて、予算内で選択してください。
キッチンは注文住宅の中でも費用が掛かりやすい所なので、あまり無理な選択は避けるように注意してください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする