注文住宅ができるまでの期間

この記事の所要時間: 251

注文住宅ができるまでの期間

注文住宅を作り上げるには、多くの作業を必要とします。
沢山の作業が必要になる分、住宅ができるまでにはそれ相応の期間も必要となります。

どんな家を、どこに建てるかなどの要素によって注文住宅ができるまでの時間は大きく変化しますが、おおよその目安となる期間は以下の通りです。

土地探し

注文住宅が本格的に始まるのは、構想を作ってから土地を探す段階に入った時です。

土地は既存の売りに出ているものを選択するのであれば長くても1〜2ヶ月ほどで購入できますが、その前に予算を準備しないといけないので実際の購入は注文住宅の全体像が決まり費用が出て、銀行からの借り入れが実現してからです。

希望する土地が売りに出ていない場合は、不動産業者と媒介契約をして希望する条件に合う土地を探してもらう事になります。
基本的に媒介契約は3か月で終了するので、その間に見つからない場合は契約を更新するか売りに出ている土地を購入するかの選択のどちらかです。

土地探しの目安

売りに出ている土地の場合は1か月〜2か月ほど。
媒介契約の場合は最大で3か月×土地が見つかるまで+売買契約に掛かる時間。
土地の売買契約は相手の都合もあるので、慌てずに進めてください。

建てる住宅の設計

注文住宅においては大きな鍵を握る作業で、出来上がる住宅の全体像を決めるものです。
設計にかかる期間は個人や世帯によって大きく変わりますが、早い人で2〜3か月、遅い人の場合は年単位の時間をかけます。
基本的には設計をする業者よりは、依頼する側の都合によってその期間は変化します。

住宅の設計にかかる期間

早ければ2か月から3か月。
注文住宅を建てる人次第では年単位でかかり、長い人で3年以上。
早ければ良いというものではないので、納得できる設計ができるまで時間が掛かると考えておいてください。

資金の準備

注文住宅において実現の最初の要となるもので、貯蓄などからどこまで頭金を支払えるのか、ローンをいくら組めるのかなどをここで決めていきます。
ほとんどの場合、注文住宅の建築費用は住宅ローンを頼る事になります。

金融機関にローンの申し込みをするのは注文住宅が建築される少し前なので、注文住宅を建てる上の作業としては後半です。
金融機関にもよりますが、住宅ローンの審査機関は早くて1週間、遅くて2か月以上かかります。
審査に通らなかった場合は注文住宅の計画見直しが必要になる場合が多いので、さらに時間が掛かることになります。

住宅ローンの申し込みをして借り入れするまでの期間

1週間から2か月以上。
金融機関によって差があるので支払いの必要があるときは業者に相談を。

建築

全ての準備が終われば、建築が始まります。
建築にかかる期間は工法によって変わりますが、木造でおよそ3か月、鉄筋コンクリートの場合は最大で半年ほどかかります。
耐震施工などを重点に置いたりするとさらに掛かることがあります。

建築にかかる期間

木造で3か月、鉄筋コンクリート造で6か月。
作る住宅の構造によっては更に時間がかかる場合もあります。

全体的な注文住宅が完成するまでの期間は、1年を超える事がほとんどです。
しっかり計画を建てても長くかかるのが普通なので、慌てずに少しづつ進めてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする