注文住宅の価格相場は?

この記事の所要時間: 738

注文住宅の価格相場

自分で思い通りの家を作り上げる注文住宅は、「家を建てる」という選択肢の中でも自由度が高く、思い通りの家が建てられる究極の住宅建築です。
建売とは違い事細かに作る部分を指定出来るだけではなく、どこに建てるかも自分で決められるので、その家に住む家族にとって最も適した住処を作れます。

その分建築にかかる費用も建売に比べると高くなってしまうのですが、注文住宅にも一応の「価格相場」があるので、これを基準に考えると資金調達などの面である程度の計画を建てる事が出来ます。

注文住宅の価格相場は?

注文住宅の価格は、実際に暮らす部分の「建物」を作るためにかかる費用と、その建物を配置する「土地」の取得に掛かる費用の2つを足した金額を指します。
建物の価格は使用する建材と、選択した工法によって変動しますが、建築工法や建材の値段が地域によって大きく変動する事はあまりないので、建材と工法、建物の規模によってある程度の費用を予測する事が出来ます。

注文住宅の価格相場で問題になるのは建物の価格よりも土地の価格です。
土地の価格は地域によって大きな差があるために、注文住宅の価格を大きく変動させる要素になっています。
そのため、注文住宅の価格相場は建築する土地がある都道府県と建物の工法、建物の規模によってある程度分かるようになっています。

例えば、都心で40坪から50坪の注文住宅を建築する場合、木造で2,100万円から3,400万円、鉄骨造で3,000万円以上、鉄筋コンクリートになると5,000万円から7,000万円ほどかかります。
同じ条件で比較的土地価格の安い秋田県や香川県などだと、木造で1,700万円〜2,800万円、鉄骨造で2,400万円〜3,700万円、鉄筋コンクリートは3,500万円から4,200万円と、都心に比べるとかなりの差が出てきます。

注文住宅の価格相場を調べる

注文住宅の価格相場を調べる時は、まず住宅を建てたい土地がどこにあるかを調べ、その周辺の土地価格も調べます。
土地の価格情報は不動産業者などで入手出来るので、集めた土地価格から平均値を計算します。

平均の値段が分かったら、分かる範囲で良いので土地の取得にかかると思われる経費も加算してください。
こうして出た数字が、希望する住宅建築をする場所の「土地の相場価格」の目安になります。
分からない時は、不動産業者に聞くと教えてくれる事もあります。

土地の取得に掛かる平均が分かったら、次は住宅の建築費用を計算します。
住宅の建築費用は工法や建材、住宅を建てる立地などによって変動しますが、基本的には床面積が広くなるほどに建築費用が多くなります。
注文住宅の場合、1坪あたりにかかる住宅の建築費用は25万円から100万円と広いので、最低値と最大値を計算するか、建築を依頼する業者の相場を調べる必要があります。

価格相場はあくまで目安

注文住宅の価格相場は、あくまで目安でしかありません。
自由度の高い家造りなので、その費用は希望する住宅によって大きく変動するために、相場価格があまり役に立たない可能性もあります。
価格相場は予算を決めるための指針になるものですが、あくまで目安として考えておいてください。

注文住宅には地域によって建築に掛かるある程度の金額の目安があります。
これらは一般的には相場と言われるもので、土地の価格や建物の価格などを合計した金額を地域ごとに、ある程度まとめて出されている場合が多くあります。

注文住宅のように高額な費用のかかる買い物にはこの相場価格は大きな目安にしやすいのですが、あまり相場価格にこだわり過ぎるのも良い結果を生まない事があります。

相場はあくまで相場でしかない

相場価格はどんなものでも購入にかかる費用の平均値という意味合いを持っています。

注文住宅の場合は、ある地域で注文住宅という方法で一定の広さと規模の家を建てた場合どの位のお金がかかっているのかを、その地域で建てられた注文住宅の費用の中間値を出しているに過ぎません。

注文住宅の費用は土地の価格やその時の材料費などにも大きく影響されますが、同じ規模や広さの住宅を建てた時でも数百万円以上の差額が作られた注文住宅によって出るのが当たり前なので、相場価格もそれなりの誤差が生じています。
その誤差は時に大きくなる場合もあるので、あまりに相場価格を重視していると予算面での都合が悪くなる事もあります。

特に注文住宅のように、そこに住む人の都合に合わせてカスタマイズされる家は住宅の内容によって建築費用が大きく変動しやすいものです。
土地価格も路線価などから導き出されたものが多く、実際の土地の値段が反映されていない事があります。
そのため、実際に注文住宅に掛かる秘湯と相場価格とされる数字に大きな差が生まれやすいのです。

注文住宅のように元々が高額なものであれば、その誤差は数百万円単位で現れる事も珍しくないので、相場価格だけを重視してしまうと満足な住宅が作れなかったり、予算オーバーをしてその後の返済計画に大きなダメージを与えてしまう場合もあります。

実際の相場はあってないようなもの

注文住宅に於いては相場価格というものは存在しますが、実際にはあってないようなものです。
人それぞれに価格がちがうのが注文住宅という家の建て方なので、相場以内で収まる事もあれば相場を超えてしまう場合も普通に起こります。
基本的には相場以内で抑えるには相当な注文住宅計画の簡略化をしていくしかないので、無理に相場以内に抑えようとすると質の悪い家が出来る原因になる事もあります。

注文住宅は元から高額な買い物で、その価格も建築を担当する業者などで数百万円の差額が出るのは当たり前です。
あまり相場にとらわれ過ぎると良い家が出来ないと言う致命的な欠陥を招く事になりかねないので、相場価格はほどほどに参考する程度に考えておいた方が、注文住宅計画も進めやすくなります。

相場価格を参考にするのは注文住宅計画を起てやすくなるという利点がありますが、相場を超えたらダメ、相場以内なら良しということではないので、相場に振り回されないように注意しておいてください。

安ければ良いというものではない

注文住宅も工夫次第では破格の値段で建てる事が出来ます。
必要な調査を行わず、安い土地を探してきて安い建材で建ててしまえば建売住宅か、それ以下の価格で建てる事も出来てしまいます。
もちろん、安い建材と言ってもそれぞれの基準は満たしているものですから問題はありません。
しかし、家の外観はひどく耐久性も決して良いとは言えない家になってしまうことでしょう。
注文住宅においては、安さばかりを求めるのは良い結果を生みません。

適正な価格が大事

注文住宅の場合は色々な建材や工法が使われ、家を建てる人はそれらを選択する事が出来ます。
実際は設計士などと相談して、予算に合わせて選んでいくことになりますが、その価格が適正であるとは限りません。

具体的に言えば、業者Aでは100万円で施工しているものが、業者Bでは同じものでも50万円で施工出来るかもしれないのです。
また、建材の価格も業者間によって差が出る場合があるので、全体の総工費が業者の違いで大きく変化することは当たり前のように起きます。

注文住宅で希望する家を適正な価格でつくり上げるにはこの差を埋めて、同じもので同じ質を一番安い価格で作り上げていくのが大事になります。

同じ建材を使っていても工法によって家の強度が変化する事もあります。
可能であれば災害に強く耐久性の高い家を作りたいものですが、注文住宅では時に10の耐久度をもたせられる工法に、わずかの費用をプラスすると20の耐久度をもたせられるという事もおきます。

わずかといっても数十万円単位になりますが、それでも倍の耐久性能を得られるのなら安いものです。
このように、注文住宅では安さだけではなくその価格が適正かどうかということが長く住める家が出来るかに関わってきます。

注文住宅は、安さだけを求めていくと良い結果になりにくいものです。
安さだけではなく、適正価格であるかどうかもよく注視して選択をしてください。

複数の業者に見積もり依頼をする

適正価格かどうかを簡単に見分けたいのなら、ネット上の無料で使える注文住宅の一括見積りサービスが便利です。
大まかではありますが、同じ条件で見積もりを頼めば、複数の業者からある程度の見積額が提示されるので、参考にしてみるのも良いでしょう。

業者によっても異なりますので、注文住宅を検討している地域の業者に相見積もりをするようにしてください。
もちろん、価格面だけではなく、建材、保証面を含めた総合的な金額を見る必要がありますが、相見積もりを行う事でおおよその価格を知る事は可能です。
業者の担当者も分からない事は色々と教えてくれますので、他の業者の見積書を持って行くのも良いと思います。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする