注文住宅の地鎮祭について

この記事の所要時間: 445

注文住宅の地鎮祭

テレビのニュースで、何かの建物を建てる前の更地で神事らしきものが行われているのを見た事はないでしょうか。
公共建築や大規模な商業施設が、工事の前に必ずと言って良いほど行われるもので、「地鎮祭」というものです。
地鎮祭は「とこしずめのまつり」とも言われる一種の厄払いで、神職を招き、関係者と共にその土地に住む氏神に土地を使う事に対する許しを乞うためのもので、安全祈願祭や起工式と言われる事もあります。

地鎮祭は地域によってその様式が多少変わる場合もありますが、一般的なものは着工前に神職と業者、その土地の地権者や施主が参列し、土地の4隅に青い竹を立てて、しめ縄で囲います。
正式な儀式の方法はありますが、現在ではある程度省略される場合もあります。

注文住宅を建てる時にも、依頼した業者によって地鎮祭を行う事があります。
また、注文住宅の依頼者が希望すれば地鎮祭は行う事が出来ます。

地鎮祭の費用

地鎮祭にかかる費用は、主に以下のようなものがあります。

玉串料

神職へのお礼のようなもので、3万円〜5万円程度が相場のようです。
基本的には「お車代」を含むようですが、遠い神社から来てもらう場合は玉串料もそれなりの額が必要になります。

設営費用

テントや儀式用の祭壇の設置費用です。
どの程度のものを設置するかにもよりますが、安くても8万円から12万円ほどかかります。
テントは必須ではないので、祭壇だけでも地鎮祭は行えます。
この場合は多少費用を押さえる事が出来ます。

供物料

お供えものの購入費用です。
地鎮祭では野菜、魚、米、水、酒、塩の5種類のお供え物が基本ですが、地域によって他のものが加わる場合もあります。
供物料は1万円から2万円程度が相場です。

直会

地鎮祭は神事の1種なので、儀式が終わった後に直会(なおらい)という参加者全員で酒と食事をする行事を行います。
これは省略される事もあるようですが、行う場合は主に弁当と日本酒が必要になるので、人数分の弁当代と酒代が必要です。

全て合わせると、10万円前後から20万円ほど掛かることが多いようです。

どこにお願いすればいいのか

地鎮祭は神職、つまり神職資格を持つ神社の神主や神社に属して社務や祭儀を行う人を招く必要があるので、神社へお願いする事になります。

または、神職資格は神道系の大学へいくと取得出来るので神社とは関係なくとも神職資格を持つ人がいるため、儀式としての意味を問わなければ神社の関係者でなくとも神職資格を持つ人にお願いすれば地鎮祭を執り行う事は出来ます。

自分で神社にお願いするのが面倒なら、注文住宅を依頼する業者で手配してれる場合もあります。

地鎮祭は行ったほうが良い?

地鎮祭は昔からの儀式なので、基本的には土木作業に関わる業者は必ず行います。
決して安い金額とはいえませんが、可能な限り執り行う方が現場で働く人に安心して作業に当たってもらえます。
業者によっては注文住宅の費用内に込まれていることもあるので、地鎮祭についてはまず問い合わせをしてみてください。

地鎮祭の困りごと 「宗教が違う」

日本で行われる地鎮祭は日本古来の神様と関わりがあるものなので、通常は神社の神主などの神職を招いてとり行います。
しかし、中には日本古来の神ではなく西洋の神を信仰している人もいるものです。

世界には色々な宗教がありますが、5大宗教と言われているものが存在します。

5大宗教はユダヤ教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、そして日本でも馴染みの仏教が名を連ねています。
日本人であれば宗派の違いはありますが仏教徒である事が多いので、地鎮祭は神社の神主を招く場合が多いものです。
しかし、現在では日本国内にもキリスト教などの宗教を信仰している人も多くいるため、信仰対象である神様ではない神社での地鎮祭を行えない、または地鎮祭自体をしないと言う事もあるようです。

地鎮祭をするかどうかは、全て施主である注文住宅を建てる人が決めるものですが、日本では現場で働く人が地鎮祭をしないと嫌がるという風習があるので、地鎮祭を行わないと注文住宅の建築に影響する事があります。
とはいうものの、宗教が違えば信仰する神様も変わってしまうので、日本古来の地鎮祭を行おうにも宗教の都合で出来ないと言う事も増えています。

ここで大事なのは、「地鎮祭」自体よりも地鎮祭をしない事で、注文住宅で働く人々が不安を抱くということです。
注文住宅はそこまで高い建物を作るわけではありませんが、1つのミスが人命に関わる場合もある現場です。
たとえ迷信であったとしても、命がかかっている以上は現場で働く人が安全を祈願するために地鎮祭に拘るのも当然の事と言えます。

注文住宅の計画時に地鎮祭をどうするかの話はありますが、基本的には行う方向で業者も動きますので、可能な限り従った方が作業も円滑に進みやすくなります。

どうしても宗教や宗派と言ったものが気になるのなら、日本式の地鎮祭でなくとも構いません。
キリスト教であれば神主を呼ばずに自分たちで行う事もあります。
それぞれの宗教に応じた地鎮祭の代わりになる儀式を行えば問題はありません。

注文住宅は大勢の人が働く事で実現するものです。
施主はお金を払ってそれを買う立場なので強い権利を持ちますが、良い住宅を作りたいのなら宗教にとらわれずに地鎮祭は行ってください。
宗教の違いにより他の地鎮祭の代用を行う時は、注文住宅を依頼した業者に事前に話しておいてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする