注文住宅の建築中に事故が起きてしまった

この記事の所要時間: 249

注文住宅の事故

注文住宅の建築中の事故について記載していきます。

注文住宅の建築には、沢山の人が関わっています。

特に人が多く必要になるのは建築時で、職人が10名ほど集まり作業をする事で、住宅という一つの形を作り上げていきます。
建築現場に携わる職人はプロ集団でもあるので、滅多な事で事故を起こすような事はないのですが、事故が全くないとは言えません。

現場では事故が起こる可能性がある

建築現場では沢山の人が働いています。
建築現場の安全は十分に確保されていますが、時に事故が起こる場合もあります。

事故の種類は作業員のケガ、車両事故、そして建築中の住宅への被害を伴う事故です。
どの事故が起きても、注文住宅の完成が伸びてしまう事があります。

注文住宅の建築現場で事故が起きた場合、起きた事故の種類と内容によって注文住宅への影響は変わります。

車両事故

車両事故が起きた場合は、ほとんどが作業中の接触事故です。
何に接触したかで影響は変わりますが、時に住宅や住宅に設置した施設に接触する事があり、この場合は修復や交換といった作業がかかるので、注文住宅の完成が数週間伸びてしまう場合があります。

建築中の住宅への被害

車両や建築に使う器具、自然災害などで建築中の住宅に被害が出た場合、注文住宅の建築は大幅に遅れる事があります。
このような事故が起きる事はとても稀な事ですが、全く無いというわけではありません。
通常は気にする事もないのですが、発生した場合は作業の遅れが避けられません。

人が絡むとさらに面倒な事に

どのような事故であれ、人身事故になってしまうと警察の捜査が入る場合もあります。
こうなってしまうと、作業が長く中断してしまうため、建築工事が完全に止まってしまう事にも繋がります。
その分遅れも大きなものになるので、申請などの事務手続き面で面倒な手間を必要となる場合も考えられます。

事故が起きたら?

注文住宅の建築現場で事故が起きた場合、施主に出来る事は何もありません。
事故の責任も施主にはないのですが、現場で起きてしまった事故は、その現場に影響してしまうので、何か起きてしまえば時間という損害を受けてしまう事になります。

事故の原因によっては遅れる時間分の損害を注文住宅を依頼した業者に請求できる可能性もありますが、裁判にまでに発展してしまうと時間も掛かるため、よほどの大損害がない限りは現実的ではありません。

事故が起きた時の扱いは、契約書に書いてある

建築中に事故が発生した場合の決まりは、契約時に定款として定められています。
あまり説明をされる機会がない事も多いので、事故に関する項目は確認しておいてください。

基本的には、やれることは少ない

建築中の注文住宅で事故が発生し、建築に影響が出ても基本的に施主のやれる事は限られています。
しかし、限られたやれる事の中で選択をして行動をしないと、問題が長期化する恐れもあるので、全く何もしないのは良い選択ではありません。

小さな事故であれば何もする事はありませんが、大きな事故の場合は積極的に情報を求めてください。
また、業者は基本的に保険に加入しているので、損害を受けた場合は保障についても詳しく説明を求めてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする