注文住宅での引越しは早めに予約をしよう

この記事の所要時間: 233

注文住宅での引越し

注文住宅は建築が終盤に差し掛かると作業も早くなり、完了までの期間はあっという間に過ぎてしまいます。

注文住宅の建築がどのくらい進んでいるかは、作業確認書のような作業の内容を記している書類や、立ち会い確認での現地見学、担当者からの報告などで知る事が出来ますが、ハウスクリーニングが行われる予定が立つと、その作業速度はこれまでとは違う速さになるので、新しい家に住むための準備もしておかないと、せっかく建てた注文住宅をしばらく空き家にする事になるかもしれません。

引越し準備がある事をあらかじめ理解しておく

注文住宅は建築が終わり引き渡しが済んだ時点でそこに暮らせるようになりますが、そのままでは生活が出来ません。
電気やガス、水道などのライフラインが通っていれば設置された設備は使えるのですが、肝心の家財装具は一切ありません。
服や靴、日常的に使う家電などは引越しをして持ち込まなければならないので、注文住宅と引越しは同時に考えておかないと、建てた家をしばらく空き家にする事になります。

引越し業者にも都合がある

引越し業者は基本的に依頼を受ければ時間次第で当日に見積もりをおこない、翌日以降に作業にやって来ます。
しかし、引越しは集中する時期や日にちがあるので必ず翌日に対応してもらえるとは限りません。

引越し業者にもその日の予定があるので、状況に寄っては引越し業者に依頼をしてから引越し作業が行われるまで数日かかる場合もあります。

特に2月から4月、9月は引越の多い時期なので、この時期に注文住宅が完成した場合は事前に予約をしておかないと引越しが難航してしまう事があります。

引越しは注文住宅の引き渡しに合わせて予約をしておく

注文住宅の完成が近づくと、業者から完成予定日が作業確認書や口頭で伝えられるので、その日を基準にして引越し業者に予約を入れておきます。
もし作業の遅れなどで引き渡しが遅れたとしても、予約をした日の2日前までならどの引越し業者も日取りの変更が出来ます。
引越しの少ない時期であれば業者によってはある程度の期間の間に引越しを行うと伝えておけば対応してくれる場合もあるので、引渡し日が近くなったら引越し業者の選定と、ある程度の荷物の整理を始めてください。

自分で引越しをする方法もある

荷物が少なく自家用車に乗せて運べるのなら、自分で引越しをしてしまう方法もあります。
ただし、新築の家なので大きくて重い荷物は引越し業者に任せた方が安全です。

大きくて重い荷物はせっかくの新築住宅にキズを入れてしまいやすいので、重いものに慣れているプロである引越し業者に頼んでください。

引渡し日は注文住宅を依頼した業者との情報交換をしっかりしておかないと、引渡し日を知るまで時間がかかる場合があります。
ある程度業者から完成日についての話が出るようになったり、確認書などに完成予定やハウスクリーニングの文字が出てきたら早めの準備をしておいてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする