注文住宅のエクステリア作り

この記事の所要時間: 252

注文住宅のエクステリア

家は土地に住宅を建てれば完成と言うわけではなく、住宅を立てている土地の部分以外の利用方法もセットにして考えておく必要があります。

注文住宅において住宅部分の外に当たる場所をエクステリア、または外構とも言います。
エクステリアは注文住宅で建てた家をより美しく見せるためだけではなく、そこに暮らす上での利便性を向上させる役割もあります。

注文住宅のエクステリア作り

エクステリアと言うものは、主に門周辺や敷地内の駐車場、敷地を囲う塀やフェンス、庭全般に設置するモノのことです。
住宅の外部分に当たるので、注文住宅を建てる時にはほとんどの場合エクステリアも込みで作っていく事になります。

住宅の外部分と言ってもそこで生活を送る上では重要な意味を持つもので、軽視してしまうと注文住宅の質さえ落としかねない大事なものです。
注文住宅は土地の使い方もそこに暮らす上で影響が大きい部分なので、住宅部分とエクステリア部分のバランスを取らないと暮らしにくい家になってしまいます。

一般的な注文住宅で必要とされるエクステリアは、以下のようなものがあります。

駐車場

土地の広さに余裕があれば、駐車場を敷地内に作る事も出来ます。
敷地内に駐車場を設ける場合は、土地の大きさや敷地に面している道路と隣接する建物の影響を大きく受けるので場所を選ばないと車を出し入れする事が難しかったりするので、よく検討する必要があります。

玄関周辺

玄関周辺はプライバシーの確保の他に、生活面の向上や防犯面の意味も持ちます。
外から見えない玄関や雨が降っても駐車場まで濡れずに行ける動線の確保、音のなる砂利を敷いて防犯性の向上と言った事が出来ます。
玄関や門周りは費用が高めになる事もありますが、家の出入りに関わる部分なので予算の範囲で作り込む事で住宅そのモノの機能を上げられます。

庭もエクステリアでは重要な部分で、芝を張るだけではなく池や庭園、変わったものでは畑を作る事も出来ます。
建ぺい率が許すのなら離れも建てる事も出来るので、土地の広さ次第では自由度の高い選択が可能です。
庭の出来栄えは住宅そのものの外観にも大きく影響するので、オリジナルの家を作れる注文住宅では駐車場と同じくらい重要なものになる事もあります。

エクステリアの計画は住宅と同時に作る

エクステリアの計画は注文住宅のメインとなる住宅の計画と共に始めます。
理由は宅地造成と共に敷地内のどこにエクステリア部分の構造物を作るかを決める必要があるためです。

庭などは後からある程度の変更は出来ますが、駐車場や玄関周りのエクステリアは工事が始まると後から変更する事が困難なので、住宅と同じ位しっかりと検討して納得するまで練り込んでいく必要があります。

土地の広さや周辺の環境によってはエクステリアの計画に制限が掛かる場合もあります。
また、エクステリアにかかる費用は選択次第では住宅部分と同じ位に高額になる場合もあるので、予算に注意しながらより良いエクステリアの計画を目指してみてください。

何をして良いのか分からない時は注文住宅を依頼する業者に相談しても良いのですが、エクステリア工事は外部の業者を利用した方が費用が安くなる事も多いので、注文住宅を依頼する業者と外部の業者それぞれの見積りを取ってみてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする