注文住宅はどこに頼む?

この記事の所要時間: 31

注文住宅はどこに頼む

注文住宅はどこに頼むのか疑問に思う方も多いと思います。
注文住宅の建築を受け付けているのは、おおまかに3つの業者です。

1つは住宅メーカーで、建売から注文住宅までを取り扱う「家の専門店」とも言える専門業者です。
2つめは設計事務所で、本来は建物の設計を行う業者ですが、建築も取り扱っている事があります。
最後に、工務店も注文住宅を取り扱っていることがあります。
工務店は建築のプロ業者で、建物を建てるという実際の作業を行っている業者です。
最近では工務店が住宅メーカーや設計事務所の業務を扱う事も多くなり、工務店でも注文住宅を建てる事が出来るようになりました。

どの業者に依頼した方が良いのかは、建てたい住宅や予算によって変わります。
また、建てられる住宅も変わる事があるので、自分が建てたい家を建築できる業者を選ぶ事が、注文住宅を成功させる条件になります。

住宅メーカーの場合

住宅メーカーの特徴は、設計と建築を1つの業者が行う事です。
設計と建築を1つの業者で行えるので、契約面での手間があまりかからないため施工までの時間を短くする事が出来ます。
工法の選択肢も多いのですが、どの工法もある程度の仕様が決まっているので、仕様から大きく飛び出ない限りは価格を抑えられます。
大手の住宅メーカーともなれば、ユニット式の住宅をオーダーメイドで作る事も出来るので建築期間を短縮する事も可能です。
耐震補強も色々なものが選択できるので、注文住宅を依頼する業者としては利用しやすいのが特徴です。

ただし、住宅メーカーの場合はそのほとんどが外部の提携工務店が建築を行うので、担当者の質によっては希望する住宅とは違ったものが出来る事もあります。

設計事務所の場合

設計事務所で注文住宅を作る場合、細かい部分の指定もしやすいので希望する住宅を実現しやすくなります。
設計事務所と言うだけあり、本来の仕事は建物の設計がメインのため、注文住宅を建てる時に作る設計図の時点から注文を付ける事が出来ます。
これは住宅メーカーや工務店でも同じなのですが、設計事務所の場合は設計士へ直接希望を伝えられるので、想像する住宅をそのまま具現化する事が出来ます。
特に変形している土地に家を建てたい場合は便利です。
ただし建築費用が高額になりやすく、設計にかかる費用が住宅メーカーや工務店の10倍以上になる事もあるために、予算オーバーを起こしやすい業者です。

工務店の場合

工務店も住宅メーカーと同じで、設計と施工を工務店が行います。
場合によっては設計士が外部業者になる事や、工務店側から設計事務所を紹介される事もあります。

工務店は住宅メーカーや設計事務所よりもコストの削減がしやすいため、建築にかかる費用を押さえやすいのが特徴です。
実際に家を建てる作業を行うのがメインの業者なので、多少無理な建築仕様でもこなせる事があります。
あくまで法令での制限内で出来る範囲に限られますが、こだわった家を形にするには向いている業者ですが、管理面では不安があるために作業に当たる人間の質が悪いと出来上がった住宅も質の悪いものが出来る可能性があります。

結局どこが良い?

どの業者を選んでも、良い面もあれば悪い面もあります。
自分の建てたい家がどういうもので、どの業者に依頼した方が良いのかをよく考えてみて、適切だと思う業者を時間をかけて探してみてください。
どうしても悩むのなら、ネット上の注文住宅専門の一括見積りを使ってみるのも1つの方法です。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする