注文住宅の第三者検査について

この記事の所要時間: 243

注文住宅の第三者検査

注文住宅の第三者検査について記載しています。

注文住宅の建築が始まると、定期的な立会い検査を行う事になります。
立会い検査では、建築工事の進み具合やどこにどういう素材を使っているか、注文された通りに建築が進んでいるかを確認する事になりますが、実際に現場を見たとしても素人ではよく分からないものです。

立会い検査には担当者が付いて画像などを交えながら説明をしてくれますが、それでも専門家ではない人からするとなかなか理解しにくいものです。
立会い検査自体の意味は、作業の進み具合の確認だけでも有意義なものですが、もしそこに専門知識を持った人がいたら、立ち会い中に問題のある部分の指摘や作業が、本当に注文通りに行われているかを確認する事が出来ます。

専門家の検査

注文住宅は施主の医師が最大限に尊重されます。
法律や費用面で問題がない限り、その家のオーナーとなる人の指示には従うのが、注文住宅を建築する業者の義務なので、施主が第三者の専門家を入れて検査をしたいと言えば、業者にそれを拒否する事は出来ません。

施主は任意で建築工事中の注文住宅に対して、第三者の検査を入れる事が出来ます。

第三者の注文住宅検査はどこに依頼すれば良いのか

注文住宅の検査は、専門の業者や個人で請け負っている個人事業者に依頼する事で実現します。
住宅の検査には建築士資格を持った専門家である事が必要です。
実務経験がないと建築士資格が取れないので、どんな専門家でもある程度の現場経験がありますが、出来るだけ現場での経験が長い専門家を探した方が、検査の精度も高いものが期待出来ます。

第三者検査に必要なもの

専門家による注文住宅の第三者検査には、事前に準備が必要です。
まず必要になるのは設計図で、図面で問題がないかを確認します。
その後、第三者検査を行う日程を決め、注文住宅を依頼している業者とも打ち合わせをして検査が行われます。

第三者検査は基本的に数回に分けて行われるのが普通です。
建築中の住宅は作業が進んでいけば構造も変わっていくので、少なくとも5回ほどの検査が必要です。

希望をすれば5回、10回といった検査も可能ですが、費用が掛かる事と建築作業に影響が出る事があるので、通常は5回程度の検査で十分です。

第三者検査にかかる費用

第三者検査にかかる費用は依頼する業者によって変わりますが、おおむね15万円から20万円ほど掛かる場合が多くなっています。
費用としては安いとは言えないのですが、第三者検査は欠陥住宅の防止に繋がるので、長い目で見ると注文住宅の安全性や長く住み続けるための先行投資としては魅力的です。

注文住宅を依頼した業者と問題は起きないのか

施主が第三者検査を行うと決めれば、注文住宅を建築している業者はそれに逆らう事が出来ませんし、拒否をしてくる事も通常はありません。
注文住宅の建築は、業者にとっては仕事なので特に感情を抱く事もありません。
もし、あからさまに嫌がるようであれば、なおさら第三者検査を行う方が安心出来ます。

どうしても拒否してくるようであれば、第三者検査を依頼した業者に相談してください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする