注文住宅の別荘向けのログハウス

この記事の所要時間: 258

注文住宅の別荘向けのログハウス

丸太をそのま建材として利用するログハウスは、主に別荘などで建てられる事が多いのですが、工法の1つとして住宅用にも利用する事が可能です。

ログハウスはその独特の外観から、他にはない目新しい家を作る事が出来ます。
しかし、暮らしを続ける住宅としてはあまり向いていないので、家を生活に合わせるように建てるではなく生活を家に合わせる必要もあります。

ログハウスの特徴

ログハウスで目を引くのは、丸太をそのまま積み上げ組んで建てるため見た目が丸太そのものが積み重なったような外観になる独特の雰囲気です。
山小屋のイメージと言えば分かりやすいかもしれませんが、避暑地の別荘としてもよく採用されている工法です。
シンプルな住宅でありながら、その存在感は十分なほど出せるので「目立つ家」を作りたい時に向いていますが、残念ながらログハウスという工法自体は普段の生活をする、「住む家」としてはあまり向いていません。
その理由は、「ログハウス」だからです。

ログハウスは生活が難しい

避暑地などの別荘ではよく見かけるログハウスですが、商業施設などでは利用される事が多くても一般的な住宅としてログハウスが選択されるのはとても稀です。
理由は沢山ありますが、一番は「一生を過ごす家」にはあまり向かないと言う事に尽きます。

ログハウスはその構造上、丸太を切らずにそのまま組み上げて外壁、時には内壁を作っていきます。
丸太をそのまま出すのが持ち味なので、断熱材を吹き付ける、設置すると言った事はほとんど行われません。
丸太の断熱性はさほど高くないので、家の中の気温は外気に大きな影響を受けます。
そのため夏は暑く冬は寒い、さらに断熱性が低いのでエアコンも効きにくいと生活をするにはなかなか難しい環境になりやすいものです。
ただし、内壁をして無理やり断熱材を貼ると断熱性は確保出来ます。
この場合は内装だけログハウス独特の風合いは失われます。

耐久性は悪く無い

ログハウスの耐久性は決して悪くありませんが、在来工法などに比べるとどうしても劣ります。
単純な構造なのであまり耐震設備を付けられない事もあり、安全面では基本性能はあってもそれ以上の性能を持たせるのは難しくなっています。

扱っているメーカーが少ない

ログハウスは日本ではあまり選択されないの事もあり、取り扱える業者もさほど多くありません。
取り扱える業者でも理解度や熟練不足であるがどうかが、建築するログハウスの出来栄えに繋がります。

数年に1度のメンテナンス

定期的なメンテナンスも必要で、丸太が経年により水分を失い縮んで行くので数年おきに固定しているボルトを締め直す必要があります。
慣れている人は自分でも出来ますが、高所にあるボルトなどは業者に任せないと締めるのが難しい事があります。

内装も外観も制限が多い

外観は丸太そのものなので、基本的に塗装はできません。また、構造上壁全体で支える形になるので間取りの自由も制限されます。

シロアリに弱い

丸太がむき出しになるので、シロアリなどの害虫はあまり強くありません。
防虫処理はしますが、永遠に防虫は出来ないのである程度短いスパンでの対策が必要なことがあります。

一昔前のドラマなどではよく見られたタイプの家ですが、実際に暮らすとなると不便さが見えてきます。
リフォームなどの拡張性も少ないので、よほどの拘りがない限りは避けておいた方が安全な工法です。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする