注文住宅の着工時に近所への挨拶回りは必要か?

この記事の所要時間: 219

注文住宅の着工時に近所への挨拶回り

注文住宅の計画が進むと、最後には住宅そのものを建築することになります。
家を注文住宅で建てる最後の山場でもある建築になれば、後は見守るだけになりますが、家を建てる場所によっては近所への配慮が必要になる場合もあります。

注文住宅着工時の挨拶周り

ある程度密集した住宅街の土地を購入した場合、そこに家を建てるとなると周りには人が生活している事があり、家が点在、あるいは密集して存在する場合があります。
住宅の建築作業は大きな音の他に道路を塞いでしまい底に住む人にとっては邪魔になったり、ゴミやホコリが飛んで行くなどと言った事も起きるので周辺住民に多少なりとも迷惑をかける可能性があります。

この時に周りにかけた迷惑は注文住宅が完成してそこに住んで生活を始めた時、ご近所トラブルの原因になることも考えられるため、前もって対策をしておく方が良い事もあります。

効果の程は相手によるとしか言えないのですが、少なくとも何もしないよりは良いものです。

注文住宅で家を建てる場所の近くに人が住んでいるのであれば、礼儀として挨拶回りはしておいた方がトラブル防止に役立ちます。

業者側がやってくれる

注文住宅を請け負っている業者によっては、近所への挨拶回りが必要であれば代理で行ってくれる事があります。
かなり簡素な挨拶回りで、粗品と工事の予告を書いた案内状をポストなどに入れておく事がほとんどですが、工事による騒音などがあるかもしれないと言う事を知らせるだけでもトラブルの防止になる他、何らかの苦情があっても業者が受け皿になってくれます。

もし苦情があった場合でも業者側で対応してくれるので、任せっきりにしていても問題ありません。
挨拶回りをしてくれるかどうかは業者によって異なるので、注文住宅の計画段階で聞いてみてください。

挨拶回りの費用

ほとんどの場合で業者による近所への挨拶回りに費用を請求されるような事はありません。
業者から見てもトラブルが起こればその解決に手間と時間を必要とするほか、解決まで建築が出来ないという事も起こりえるので、家を建てる時に必要であれば行ってくれます。

気になるのであれば、自分で周る

業者の挨拶回りだけでは気になると言うのなら、業者とは別に自分で挨拶回りをするのも選択肢の1つです。
手間がかかりますが、トラブルになった場合はあいさつ周りにかかる手間以上の時間が必要になる事もあります。

これから住む地域にどんな人が住んでいるのかを知る機会やその地域の情報収集に繋がる他、ご近所付き合いのスタートラインにもなるので、近隣との付き合いを考えているのなら業者任せにせず、自分でも挨拶回りをする事を考えてみてください。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする