注文住宅の3階建て、階数による費用

この記事の所要時間: 246

画像の説明

注文住宅の費用を左右する要素に、何階建ての住宅かと言うものがあります。
住宅は多くの場合、3階建てまでが限界ですが、この階数によって注文住宅の建物部分に掛かる費用が変わります。

階数による住宅の特徴

1階建て(平屋)

住宅を1階建てにしたものを「平屋」と言い、注文住宅での建築が出来ます。
平屋は地方でよく見られるもので、地方に存在する平屋は床面積が広いのが特徴です。
階段と言う上下の動線が存在しないので高齢者や障がいのある人でも暮らしやすいのですが、ある程度広い土地に立てないと床面積が狭くなり窮屈な家になってしまうという欠点があります。
間取り次第では動線が複雑になったり、部屋が通路を挟まずに扉やふすまなどで隣同士になる事があるため、間取り次第ですがプライバシーが確保し辛くなる事があり、子供が成長した時などに問題になる場合もあります。
平屋の場合は床面積が広くなりやすいので、建築費用も高めになる場合があります。

2階建て

2階建ては注文住宅のスタンダードとも言えるもので、1階部分と2階部分に空間を設ける事で利便性の高い住宅になります。
プライバシーの確保も良好で、間取りを変更する事でプライバシーの確保が出来るため子供の成長に合わせやすいと言う特徴があります。
2階部分にベランダを設けたり、屋根に太陽光発電システムを設置するなどの拡張性もあります。
上に居住スペースを広げる事で、狭めの土地でも居住空間を確保できるため都心や地方都市に多く見られるタイプです。
駐車スペースが確保できない場合は中二階と言われる1階部分に居住スペースを作らないタイプもあります。
2世帯化にも対応でき、1階部分と2階部分を分けるものと、別々の棟をくっつけるような形にするものがあります。
注文住宅の中では最もコストパフォーマンスに優れているのも2階建ての特徴です。

3階建て

主に狭い土地に隣接して建っている事の多いタイプで、土地が狭い分を上に居住スペースを広げて解決を図っているものです。
地方都市などで見られる事が多く、その多くは木造以外の工法で立てられています。
外見は小さなビルに近く、1階部分を駐車場にする事もあります。

狭いと言う欠点はありますが、工夫次第で快適な居住空間を確保出来るので決して住居として質が悪いわけではありません。
収納の工夫や間取りの工夫、屋上への動線確保など、生活を快適にする方法はたくさんあります。
ただし階段での上下移動や動線が狭くなる傾向があるので、高齢者や障がいのある人にはあまり向いていません。
費用は平屋と同程度かそれ以上になる事が多く、注文住宅の中でも費用のかかる選択です。

注文住宅で建てられる住宅の種類は上記の3種類が主なものです。
4階建て以上の高い住宅は建築基準法の規制があるので建てる事は難しいのですが、条件さえ揃えば不可能ではありませんが、平屋や3階建て以上の費用が必要になるため総費用が5,000万円を超える場合もあります。
、現実的には上記の3種から建てる家のタイプを選択する事になりますが、それぞれに利点もあれば欠点もあり土地の広さで選択できる幅も決まるので、都合にあわせて選択し無茶なものは選ばないようにして下さい。

【自宅にいながら家づくり計画書をまとめて比較出来る】

当サイトで一番オススメしている一括見積もりサイトは「タウンライフ家づくり」です。

【タウンライフ家づくりが良い理由】
  • 厳しい審査を通過した全国300社以上の注文住宅会社が参加
  • 住宅展示場に行かなくても家づくりが進む
  • 何度も複数の会社と商談する必要がない
  • 家にいながら間取りプラン、資金計画がもらえる

約3分の入力で「間取りプラン」「資金計画書」「土地探し」の家作りに関する計画書をもらえます。
相談、見積もり、アフターフォローまで、全て無料で行う事が可能です。

タウンライフ家づくりの画像

利用者の声も非常に満足度が高いサイトとなっています。

注文住宅を検討している方であれば、直接業者に依頼するよりも、第三の立場でもある「タウンライフ家づくり」に依頼する事で、中立な意見をもらえます。

⇒「無料一括見積もり、提案はコチラから依頼できます
⇒「我が家の家づくり体験談はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする